« A Paradice in Kenya | トップページ

ケニアに帰って

1月に日本からケニアに帰り、カイモシにつくと12月とは打って変わって、乾期のカンカン照りの最中でした。二人のお手伝いのケニア人が私たちの留守中畑を守ってくれました。毎日畑に必要な水を川から汲んで、水やりしてくれたおかげでナス、トマトピーマンがかろうじて、生きのびていました。乾季の日差しは相当きつく、道もほこりだらけですが、朝夕はやはり涼しく、夜は星もきれいです。

報告会などで孤児への援助をお願いしましたが、たくさんの方からのご支援ありがとうございました、今少しずつ孤児に届けています。大変感謝されて、孤児たちもお礼のお手紙などを書いているところです。

20日にドイツから若い日本人アーティストTさんがうちのゲストハウスに見えました。彼はドイツ在住ですが、ヨーロッパにとどまらず、モルジブ、キューバ、ケニア、日本など世界をまたにかける映像アーティストです。

彼はここカイモシに1カ月間滞在予定。さっそく近所のケニア人たちの人気者です。アートのほかに空手2段ということで、うちの庭で近所の人たちに空手を夕方教え始めています。柔道着を着て、空手を教えるとその迫力に圧倒されそうです。エクササイズは初歩から教えてくれるので、みんな少しずつ上達しています。

ケニアの人は東アジアの日本人、韓国人、中国人はブルースリーなどの影響で大変強いと思っているのです。私たちでさえ、空手ができると思われていて、今まで盗難や攻撃を受けなかったのもその間違った噂のため敬遠されていたおかげかもしれません。しかし彼から少し習って空手の技を身につければ、本当に護身術になるかもしれません。

写真はこちらに

http://www.dhcblog.com/kenya/

長田寿和子

|

« A Paradice in Kenya | トップページ

ケニア」カテゴリの記事

コメント

The home loans are important for people, which would like to start their own career. In fact, it's comfortable to get a bank loan.

投稿: SusanaHead31 | 2012年4月19日 (木) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115696/53854894

この記事へのトラックバック一覧です: ケニアに帰って:

« A Paradice in Kenya | トップページ